自然なバストを作れる施術|顔のたるむを早急に改善|目の下のくまは治療で治る

顔のたるむを早急に改善|目の下のくまは治療で治る

自然なバストを作れる施術

バスト

複数回に分けて注入する

豊胸手術と聞くと固いシリコンをバストに入れるというイメージを、持たれる方も多いようですが、最近は自分の脂肪でバストアップできる、脂肪注入法という豊胸手術によって、自然なバストに仕上げる事が可能となりました。お腹周りなど余分な脂肪をまず吸引し、その脂肪を今度は注射器を使いバスト部分に注入していくのです。本物の脂肪を注入するので、見た目はもちろん触り心地もとても自然という事もあり、この豊胸手術を受ける女性も増えています。ただ、施術は1回だけでなく複数回に分け、徐々に脂肪を注入していく方法を、行うのが良いでしょう。1回に大量の脂肪をバストに注入してしまうと、石灰化などの後遺症を起こしやすくなるのです。何回かに分けて少しずつ脂肪をバストに注入していけば、石灰化などの後遺症も起こり難くなります。

定着率を高めるには

脂肪注入法は自分の脂肪でバストアップできる豊胸手術で、自然な仕上がりになる事から人気となっています。ただ、脂肪を注入したからといって必ずバストアップ出来るのではなく、中には注入した脂肪が定着せず、すぐにサイズがダウンしてしまうケースもあるようです。なぜ、このような状態になってしまうのかというと、吸引した脂肪に不純物が含まれていると、バストへの定着率が悪くなってしまうためです。一般的な脂肪注入法を行った場合の、脂肪がバストに定着する率は30%から40%程度と言われています。より、脂肪の定着率をアップしたいなら、コンデンスリッチ豊胸という施術法を検討してみましょう。コンデンスリッチ豊胸は吸引した脂肪から極力、血液や老廃物といった不純物を取り除いた脂肪を、バストに注入する施術法です。この脂肪注入法であれば脂肪の定着率は、約80%ととても高くなっているので、しっかりバストアップ効果を得られます。